あなたはログインしていません。  ログインはこちら  /  会員登録(無料)はこちら

夏のデジブックコンテスト2011 グランプリ決定!

結果発表

グランプリ 1名 REGZA Tablet AT300

暑中寸涼

猛暑のなか、僅かな涼を見つけて

otibou さん

何度もコンテストに挑戦してきたので感無量です!涼を表現するため、猛暑日を狙って撮影したり、同じ被写体をいろんな角度から50枚近く撮影したり…努力が報われたと思います。ありがとうございました!

審査員より

重金 一正プロカメラマン
涼しさがストレートに響きますね。被写体をよく観察されていて、何気ない写真を美しく魅せることに長けていますね。ナチュラルな発色で、品の良い写真にも好感がもてます。個人的に、otibouさんのファンになりましたよ。
小澤 元アーティスト
まさか「夏の涼」というテーマで、BGM「冬旅情」を使うとは(笑)。最初の雪を踏む音も、夏写真に合わせるとかき氷を食べる音にも聞こえていいですね。作品とBGMがシンクロして、気持ちよく見られました。
河内 由紀子編集者
構成力はダントツでしたね!作中の文章も、ステキです。文章は、次シーンの前ふりになっていて、とにかく次の写真が気になっちゃうんですよ(笑)。見る側の視点にちゃんと立って、工夫した結果でしょう!
東 哲WEBマネージャー
作品を見終えたあと、心地よい気分になれますね。テーマを意識して写真を撮っているなぁと伝わってきました。超大作という作品性ではないのですが、何度も見ても飽きない作風だと思います。おめでとうございました!

日本旅行優秀賞 1名 国際航空券

WAIMEA

HAWAIIAN BREEZE 2

tatsu-funabasi さん

このたびは大変な名誉を頂戴しましてありがとうございました。
旅は心の洗濯と言います。皆様にとっても HAWAIIは天国の島と思います。純粋に、しかし現実を見据えた明日を描いて、それでも笑顔になれる居場所。家庭の延長線上に、その楽園が有ると私は思うのです。

審査員より
「あなたにとって"旅"とは?」と聞かれたら、きっとさまざまな答えが返ってくるでしょう。tatsu-funabasiさんは、日常から離れたワイメア(ハワイ)の青空の下で、ゆったりとした時間を過ごし、自分を見つめ直されたと思います。旅行に出ると、その場の体験をアルバムにまとめがちです。しかし、旅先で考えたことや感じたことを、写真と言葉に残すのもひとつの旅のまとめ方なのだと勉強させていただきました。(日本旅行審査担当:七海)

日本旅行特別賞 3名 国内宿泊券

  • 故郷の訛嬉しや夏休み

    故郷の訛嬉しや夏休み

    津軽の短い夏、永遠の思い出

    さん

    選評
    制作前から構成を考えていたのでしょう。ストーリーがわかりやすく、故郷を想う心情が伝わってきました。作者にしか撮れないであろう表情も良かったです。(重金)
  • HawaiiOahu

    HawaiiOahu

    Summer 2011

    komachi さん

    選評
    優秀賞の作品とは、対照的にハワイの有名スポットをまとめていました。それぞれのカットが非常に巧みで、撮影技術の高さがうかがえます。旅写真の参考になる作品でした。(日本旅行審査担当:七海)
  • BORACAY

    BORACAY

    地上の楽園 ボラカイ

    フィリピン ドットコム さん

    選評
    「幼少期にみた油絵の世界」と作者のコメントにあるように、非日常的な世界を感じさせる内容でした。途中、絵葉書風のカットを入れるスライドの見せ方も好印象!(日本旅行審査担当:七海)

ベルボン賞 1名 ULTRA LUXIL

選評
しずくを、花の生命力にたとえた技法はお見事!並び順、統一感をわかりやすく表現していて、特に後半は良かったですよ。これからのレベルアップに期待です!(重金)

HAKUBA賞 2名 プラスシェル シティ デイバックM

  • 冷 涼 回 廊

    冷 涼 回 廊

    陽光を拒む神秘の空間

    hisa さん

    選評
    構成はシンプルで分かりやすかったです。でも、必ず魅せたい写真の前には、落ち着きのある写真を入れるなどして盛り上げるための工夫が凝らされていました。(河内)
  • 涼を感じる風景

    涼を感じる風景

    ~日本の鮮美透涼の風景~

    天地人 さん

    選評
    滝の写真では、高速シャッターで“水がしぶくさま”を魅せたり、その場に合わせたテクニックの使い分けが上手ですね。作品のまとめ方も分かりやすかったです。(重金)

Eye-Fi賞 3名 Eye-Fi Pro X2

  • 涼風 あなたに届け

    涼風 あなたに届け

    四つの風が心に吹くとき

    racco@雷神 さん

    選評
    写真のクオリティは高く、前ボケはピカイチですね。審査でも評価は高かったです。唯一の欠点は、作り込んだ文字によって、写真が目立たなくなったこと…おしい!(重金)
  • 緑陰の風

    緑陰の風

    Healing Wind

    kazu-m さん

    選評
    このデジブックは癒されますね~!涼を感じさせる光と影、そしてBGMの雰囲気が見事に調和しています。被写体のテーマをもっと絞れば、上位も狙えたと思います。(小澤)
  • しまなみの夏

    しまなみの夏

    今日は海へ、明日は川へ

    mugiwara さん

    選評
    焼けるような暑さのあと、木陰や水辺を並べるなど、涼を感じさせる工夫は◎。もう少し涼しさをイメージするモノがあると良かったです。写真のレベルは文句なし!(東)

総評~審査を終えて~

東:審査お疲れさまでした!審査を終えた感想を聞かせてください。

重金:いやー長かったけど(笑)、楽しかったですよ。いろいろな写真コンテストで審査をやらせてもらいましたが、正直いちばん楽しかったです!応募してくれた皆さん、貴重な経験をありがとうございます!

河内:私は編集者という立場で、作品の構成を中心に見ていたのですが、レベルの高さに驚きました。ひとつのテーマにあわせて、たくさんの写真をまとめるってプロの写真家でも大変なことだと思うんですよ。受賞者のみなさんは、特にうまい構成だったと思います。

重金:そういう意味では、写真をコンパクトにまとめた作品は評価が高かったですよね。プロの写真家の個展でも、だいたい20~30枚でまとめています。なので、上位の方々は、どんなにいい写真でも、テーマに合わないものは使わないという判断がうまかったのだと思います。

小澤:枚数という意味では、天地人さんのデジブック(59枚)は別格でしたけどね(笑)。あの枚数を苦痛なく見させるクオリティはスゴイと思いましたよ。一番印象に残りました。

重金:基本的な撮影テクニックを、被写体にあわせて使い分けてましたね。そのバリエーションが飽きさせないコツだと思います。まさに超大作。

東:グランプリ選定も、最後の最後まで悩みましたからね。今回は、何度も見てしまう中毒性、テーマ性のわかりやすさなどで、otibouさんがグランプリになったんですよね。

小澤:テーマに対して、いちばんわかりやすい内容でしたね。でも、いろいろなところで工夫されているんだなぁと思いました。BGMも良かったです(笑)

河内:hisaさん、racco@雷神さんも最後まで残ってましたからね。どれがグランプリになってもおかしくなかったと思いますよ。デジブックのレベルの高さを痛感しました。

重金:みなさん、写真のレベルは十分高いですね。あとは、どう作品を仕上げるか。見る立場になって、わかりやすく、見やすく、飽きさせない。これを突き詰めていけばいいと思います。

東:審査員の皆さん、今日はありがとうございました!

重金、河内、小澤:ぜひ次回も呼んでください!

今週のピカイチ作品

今週のピカイチ作品

そうだ名刺、作ろう。

名曲デジブック

旬撮スポット

デジブック専用ソフト「デジブックブラウザ」

カテゴリーの一覧

人気作品の一覧